規 約

  新潟マスターズ陸上競技連盟規約

     (名称・本部・事務局)                                          第 1条 この会は、新潟マスターズ陸上競技連盟と称し、本部は理事長宅、事務局は副理事長宅に置く

     (目的)                                              第 2条 陸上競技を通じて、主として中高年齢の陸上競技の技術向上と健康増進を図ると共に、会員相互の親睦と生きがいを高めることを目的とする。

     (事業)                                              第 3条 前条の目的達成のため、次の事業を行う。                               (1)年間を通して練習会及び打合せ会                                     (2)各地陸上競技大会の紹介・参加・主催                                   (3)講習会・実技指導・経験交流                                       (4)日本マスターズ陸上競技連合への加入と業務分担                              (5)会のニュース発行                                            (6)その他、会の目的達成に必要な事項

     (会員資格)                                            第 4条 当会は、この目的に賛同する18歳以上の健康な人をもって組織し、会員は第12条で定める年会費を納めることにより会員資格を得るものとする。

     (役員)                                              第 5条                                                    1.本会に次の役員を置く                                            会長 1名  副会長 若干名  理事長 1名  副理事長 1名(会が必要とした時)               理事 若干名  監事 若干名                                          2.役員は、会のうちから総会で選任する。                                    3.役員の外に、理事会の推薦により名誉会長・参考及び顧問を置く事が出来る。

     (役員の職務等)                                          第 6条                                                    1.会長は、本会の業務を統括し本会を代表する。副会長は会長を補佐する。                     2.理事長は、総会の決議に基づき業務全般を執行し、副理事長及び理事はそれを補佐する。              3.監事は、毎年度決算後に監査をする。

     (役員の任期)                                           第 7条                                                    1.役員の任期は2年とし、再任を防げない。                                    2.任期の途中で役員に就任した場合の任期は、前任者の残任期期間とする。

     (会議)                                              第 8条                                                    1.この会に、総会・理事会を置く。                                       2.総会は、毎年2月に会長が招集し、業務・会計・方針・役員選任・規約改定等を審議決定する。決議は、出席者の過半数の賛成によって成立する。                                           3.理事会は、必要に応じ会長が召集する。構成は監事を除く役員とする。                        4.理事会は、一般業務の執行、経費の収支等、会に対し一切の責任を負う。

     (専門部)                                             第 9条                                                    1.本会に、次の専門部を置き、監事を除く役員は何れかに属するものとする。                    ①総務・企画 ②財務 ③競技 ④普及・広報 ⑤特別                              2.各専門部には、所属する部員の互選により部長を置くものとする。

     (各専門部の職務)                                         第10条 各専門部は、次の事項を処理する。                                   ①総務・企画 規約の制定及び改正に関する事項                                 本会の運営に関する事項                                            栄章に関する事項                                               ②財務    連盟の財源に関する事項                                     ③競技    競技会の運営・審判の指導・記録の整理等に関する事項                       ④復及・広報 会員の拡大と会員に対する練習会・実技指導等に関する事項                     ⑤特別    スポーツレクリエーション祭の選手派遣等に冠する事項

     (財源)                                              第11条 この会の財源は、会費及び特別会費、事業に伴う収入、寄付金及び地方官庁等からの助成金によってまかなわれるが、その明細は総会で承認を受けなければならない。

     (会費)                                              第12条                                                     1.この会の会費は、年間6,000円とする。                                    2.特別会費とは、会長・副会長の申し合わせにより納入されるものをいう。

     (会計年度)                                            第13条 この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

     (付則)                                              第14条 この規約は、昭和58年5月15日より実施する。 

 

会沿革

昭和58年 5月15日 制定
平成12年 2月20日 改定
平成26年 4月01日 改定